作り直しの費用

選ぶ義歯により違いがある

広島でも多くの歯科医院があり、様々な治療が行われていますが、歯を失ってしまった場合は、その歯の変わりになる人工の歯を作る必要があります。広島で行われている治療ではインプラントやブリッジもあげられますが、入れ歯も昔からよく選ばれている治療方法です。ぴったり合う入れ歯を作っておけば、食事や会話も快適に行えるようになりますが、入れ歯も永久的に使えるのではなく、定期的に作り直しも必要です。作り直しが必要になる例としては、歯の状態や顎の状態が変わったということがあげられます。入れ歯を支えるための留め金を引っ掛ける歯が抜けてしまったり、虫歯になってしまった場合も作り直しが必要となることがあります。また、年齢とともに顎の骨も痩せていきますので、不安定になってしまった場合も作り直しが必要となります。総入れ歯の場合は緩くなった場合も裏側に樹脂を足すことができますので、作り直しをせずとも、少し手直しをすることで長期に使える場合もあります。広島で入れ歯を作り変える際にはどれぐらいの費用がかかるのかも知っておきたいですが、これは作る義歯によってもかなり変わってきます。保険適用で作れる入れ歯の場合は比較的安価で作ることができますし、自由診療で作るより高品質なものは高額になることもあります。保険適用で作った入れ歯は6ヵ月は作り変えができないようになっており、紛失などで作り直しが必要となった場合は自費で作ることとなります。良い入れ歯を作るためには技術の高い歯科医院を選ぶことも大事ですので、広島での評判も良く調べておきましょう。

違いをしっかり知ろう

広島の歯科医院で義歯を作るとき、3つの提案をされると思われますが、その3つの種類とは、入れ歯、ブリッジ、そしてインプラントです。これらの処置は一般の歯科医院で対応できるものもあれば、より専門的なクリニックを紹介されることもあります。広島で一般歯科を標ぼうしている歯科医院を受診している人なら、健康保険が適用になるかどうかで、どの義歯にするかを判断する人も多いでしょう。入れ歯かインプラントかであれば、費用が安い入れ歯という選択になりそうですが、実際には入れ歯にも健康保険適用になるものと、全額自己負担で作らなければならないものとがあります。一般歯科では入れ歯を作成する治療方法がメインとなりますので、健康保険診療で収めるか、それとも自費で作るかの選択を迫られることになります。入れ歯を作るにあたって気を付けなければならないのは、いったん作った入れ歯がどうも合わないとなっても、作成後6か月は同じ部位で作り直しをすることができないことです。そのため、広島の歯科医院で入れ歯を作るとなった場合、保険で作れる入れ歯でいいのか、それとも自己負担でもより快適に使える入れ歯を作った方がいいのか、徹底的に検討する必要があります。広島の歯医者で作った歯が合わなかったとして、半年待てばまた作り直すことはできますが、その間は不便さが付きまといます。保険診療でできるものと自費のものとがどう違うのかを、しっかり歯医者で教えてもらうのがいいでしょう。

快適な使用感

婦人

普通の部分入れ歯を固定させるには、クラスプというバネのような金具を隣の歯に引っかける必要があります。この金具は目立つので入れ歯だと一目で見抜かれてしまいますし、金属の違和感があって使い心地は良くありません。そこで広島の歯科医院では、ノンクラスプデンチャーという部分入れ歯を取り扱っています。ノンクラスプデンチャーは金属の留め具を使用せず、見た目が自然なのが特徴です。また強い締め付けがなく、快適な使用感を得られるというメリットもあります。一般的な入れ歯の材質はレジンという硬質プラスチックで、安価なことは長所ですが、汚れたり欠けたりしやすいという短所があります。広島で使用されるノンクラスプデンチャーは、柔軟で軽い強化樹脂でできており、割れにくく美しい外観を保てます。また広島ではシリコンデンチャーを選べるクリニックもあります。シリコンは人間の肌に近い柔らかさを持つ素材で、歯ぐきにピッタリと密着します。そのため入れ歯が安定し、ぐらつきや痛みを軽減することができます。もちろん食べかすが挟まって不快感を覚えることも防げます。入れ歯は痛いとか不安定だとかいう理由で、インプラントを選ぶ方もいますが、最近では色々な新しい入れ歯が開発されています。自分の入れ歯が合っていないと感じるときは、広島で専門の歯科医院に相談してみると良いでしょう。自分の歯の本数が少なかったり、グラグラしていたりしても、入れ歯で治療できる場合があります。