失った歯を取り戻す

治療法にも種類がある

歯が抜けた場合、そのまま放置しておくと、ものが噛みにくくなるばかりか、隣の歯が動いてしまい、全体のかみ合わせに悪影響が出ることもあります。歯を失った時点で早急に東京の歯医者さんで治療をすれば、このような事態は防げるでしょう。東京の歯医者さんでは、どのような治療があるかと疑問に思う人も沢山いるでしょう。主な治療として挙げられるのは、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3種類です。これらの治療は、それぞれ特徴が異なっています。入れ歯を使った場合は、ばねで他の歯に固定して、安定させますが、型を取って作るだけなので、患者への身体的な負担が少ないという利点があります。また、東京にある歯医者さんでは、費用の点でも健康保険が適用できるケースが多く、比較的割安です。ほかにも入れ歯にはメリットがあって、多数の歯が抜けても入れ歯の歯の数を増やせばいいだけなので、歯医者さんにとっても処置がしやすいし、患者にとっても不便が少なくなります。ブリッジは、失った歯の両隣を削って土台を作り、人口の歯の橋渡しを作る方法です。噛む力は減るものの日常生活で困るほどのこともなく、痛みも出ないことから、とても使い心地がよくなっていますが、歯を1〜2本失ったときに有効な治療法となっています。インプラントとは、歯の根の奥にあるあごの骨に人工歯根を埋め込み、その上から新たに歯を付ける方法です。噛む力も外観も天然の歯と同じようにできるのがインプラントのいいところです。いずれの治療にしろ、自分に適した歯医者さんを東京で見つけてしっかり治療をするようにしましょう。

6か月ルールに注意

初めて入れ歯を作るときは、保険を使うか使わないかで迷うかもしれません。どちらも選べる歯科医院が多いものの、東京には保険を取り扱っていないクリニックもあるので気をつけてください。保険を使った場合、東京では総入れ歯でも1〜2万円で作ることができます。部分入れ歯ならもっと安くなるので、とにかく費用を節約したいときに向いています。ただし保険を適用したときは、入れ歯の材質に制限があります。土台となるピンク色の床(しょう)や、人工歯の部分は、レジンというプラスチックでなければなりません。また部分入れ歯を留めるクラスプは金属製に限られているので、場所によっては非常に目立ってしまいます。レジンは臭いや汚れを吸着しやすいこと、また床に厚みがあるので違和感を覚えやすいこともデメリットと言えます。保険を使った入れ歯は、原則として6か月に1回しか作ることができません。うっかり紛失したり破損したりしても、またどうしても口に合わなくても、作り直しができないので注意が必要です。保険を使わず自由診療にする場合は、高額になるかわりに、材質を自由に選ぶことができます。東京では床が薄く違和感の少ない総入れ歯や、クラスプが白くて目立たない部分入れ歯も作れます。金属を床にした入れ歯は、薄くて丈夫なだけでなく、食べ物の熱さや冷たさを感じやすいという長所があります。東京で保険適用外の入れ歯を作るときは、いろいろな製品を比べてみると良いでしょう。

自費治療を望むなら

歯型を持つ人

東京に住んでいて、入れ歯を必要としているのなら、対応する歯医者を訪れれば作成してもらえます。ただし、東京には対応したところがたくさんありますが、技術力に差があるので、クリニック選びはきちんと行いましょう。なお、入れ歯はドクターが作るのではなく、専門の歯科技工士が作成してくれることになっています。しかし、これまで通った東京のクリニックに、歯科技工士が在籍していなかったという経験がある方も多いでしょう。それは、入れ歯作りを外部に委託しているだけなので、きちんとドクターに相談すれば、そちらの東京のクリニックでも作ってもらえる場合が多いです。なお、入れ歯は最低限の材料しか使えない保険適用のものと、色々な材料を使って最適なカスタマイズができる自費治療のものが存在しています。そのため、自身が理想とする入れ歯があったとしても、保険適用内ではかなわない可能性があるでしょう。もしも、入れ歯に対して通常以上のカスタマイズを望むならば、自費治療として作成してくれるクリニックを選ぶことになります。自費治療なら素材も決めることができますし、より複雑な工程で完璧な入れ歯を作ってくれるでしょう。なお、自費治療で作成することを考えているのなら、そちらを得意とする歯科技工士がいるクリニックを選んだほうが安心です。やはり、保険適応内とは作成方法が違いますので、自費治療に慣れている歯科技工士の方に頼んだほうが、仕上がりが期待できるでしょう。